新着情報 What's New

2021.06.22

新型コロナワクチン〜子ども並びに子どもに接する成人への接種に対する考え方〜

新型コロナウイルスワクチンは札幌では現在65才以上で接種を施行していますが、今後は64才以下の基礎疾患がある方、64才以下の優先接種対象者(保育所・幼稚園・高齢者通所施設などの従事者、小中高等学校の教員など)、64才以下の一般対象者へと進んでいくと考えられます。
そこで、「新型コロナワクチン〜子ども並びに子どもに接する成人への接種に対する考え方〜」という提言が、日本小児科医会から発信されましたので、お子様、またはお子様のいる家族の方へのワクチン接種を考える上で、日本小児科学会のホームページを参考にしてください。www.jpeds.or.jp

記事本文へ

2021.06.15

現在の流行している病気につきまして

札幌は、現在緊急事態宣言中で、子ども達も毎日気を付けながらの生活が続いています。手指の消毒やマスクを着用していても、最近ではRSウイルス気管支炎、溶連菌感染症、アデノウイルス咽頭炎などが認められます。
RSウイルスは大きなお子様では咳、鼻水、熱などの風邪症状はありますが、比較的元気に経過します。しかし、1歳未満のお子様が罹患すると重症化することがあります。溶連菌感染症は、咽頭痛、発熱などが主な症状です。アデノウイルス咽頭炎では高熱が続くことがあります。これらの症状がある場合は、早めに受診し治療することが大切です。当院では、院内感染防止のため、診察室を別にして診療していますので、受診の際には、事前にお電話、または予約システムで症状の記載をお願いしています。

記事本文へ