新着情報 What's New

2021.04.30

5月4日の小児救急当番の受診につきまして

①当日の予約はお受けしておりません。
②発熱の方は必ずお電話してから受診をお願いします。
③濃厚接触者などは、診察出来ないため#7119にお電話して受診場所をご確認ください。
④来院時は不織性マスクの着用をお願いします。
付き添いの保護者とマスクを着用できる年齢のお子さん共に、必ず不織性マスクの着用をお願いします。
⑤密を避けるため、付き添いの保護者はお一人でお願い致します。
⑥院内感染防止のため、診察に時間がかかることもありますので、ご了承ください。
⑦嘔吐などの症状の時は、なるべく午前中に受診をお願い致します。
⑧終了時間ぎりぎりは大変混雑することが予想されますので、密を避けるために、時間に余裕を持って早めの時間帯で受診して頂けますよう、ご協力をお願い致します。

記事本文へ

ゴールデンウイークの診療につきまして

4月30日(金曜日)、5月1日(土曜日)は通常の診療時間で診療を行っています。
連休中はなるべく移動や外出を控える生活になりますが、少しでも調子が悪ければこの機会に受診して、体調管理に努めましょう。
5月2日〜5日までは休診です。(5月4日は救急当番病院です。受診の仕方は後日HPにアップ致します。)
5月6日(木曜日)から通常診療になります。

記事本文へ

2021.04.26

医療事務の方を募集しています。

週2-3日の扶養内勤務、またはフルタイムの方を募集しています。
詳細はクリニックまで、直接お問い合わせください。

記事本文へ

2021.04.14

おたふくかぜワクチンの供給につきまして

4月13日におたふくかぜワクチンの製造販売を担っている会社より、10月頃までワクチンが欠品するとの連絡がありました。ワクチン原液製造工程に逸脱があったようですが、そのロットは出荷されておらず流通していません。既に出荷されているワクチンについては品質に懸念はないとのことです。但し、流通しているワクチンも数に限りがあるため、今後はおたふくかぜワクチンのお問い合わせはインターネットではなく電話でお願いいたします。1才時を優先して接種する予定です。

*コロナ渦で子ども達のワクチン接種の重要性が再確認されています!
このような時に、日本脳炎、おたふくかぜワクチン供給が困難な状況がしばらく継続する事は、小児科医として本当に歯がゆい気持ちで一杯です。今後は、ワクチンの製造のバックアップ体制を構築し、安定した供給が継続することを願っています。
患者さまには大変ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんが、どうかご理解をお願い致します。

記事本文へ

2021.04.06

子宮頸がんワクチンのご予約につきまして

子宮頸がんワクチンの予約につきまして。

現在、日本では小学校6年生から高校1年生までの女児に、子宮頸がんワクチンは定期接種となっています。
① 子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで20歳代に多く発症することがわかっているため、がんを予防するためにHPVワクチンが開発されました。
② 定期接種としては、サーバリックスとガーダシルの2種類があります。
③ 新しく ”シルガード9”というワクチンが2021年2月24日に日本でも認可されました。海外では既に接種されているワクチンですが、日本では直ぐには公費の対象にはならないようです。
④ 3種類の子宮頸がんワクチンの違いは、
● サーバリックス:2価(予防するHPVの型は16, 18型)定期接種
● ガーダシル:4価(予防するHPVの型は16, 18, 6, 11型)定期接種
● シルガード9:9価(予防するHPVの型は16, 18, 31, 33, 45, 52, 58, 6, 11型)
シルガード9は、まだ定期接種ではありませんが、予防効果は一番高いといわれています。厚生労働省の指示により全例登録を行うワクチンですので、”ワクチンQダイアリー”への登録が接種前に必要となり、受診から接種後の待機を含めますと、終了まで約1時間〜1時間半程度時間がかかります。
⑤ 接種スケジュールの途中で種類を変更することはできません。
子宮頸がんのワクチンについての詳細・ご質問は当院までお問い合わせ下さい。

尚、ワクチンの接種日時の変更、種類の変更、キャンセルは出来ませんので、ご了承ください。

記事本文へ